被保険者と被扶養者

健康保険の適用を受けている会社に入社した人は、被保険者として健康保険に加入することが義務付けられています。みなさんは入社した日に加入し、退職または死亡した日の翌日に資格を失います。また、健康保険では被保険者だけでなく、被扶養者としての認定を受けた家族についても医療などの保険給付の対象となります。

被扶養者としての認定を受けるには「主として被保険者の収入で生計を維持されている人」で、被保険者の3親等内の親族であることとなっており、その範囲は図のようになっています。ここでいう「主として被保険者の収入で生計を維持されている」人とは、扶養家族が60歳未満の人ならその人の年間収入が130万円未満、60歳以上または障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満で、被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。別居の場合は扶養家族の年間収入が、被保険者からの仕送り額より少ないことも要件とされています。